初期動作の確認(ポケモンSV版)

Poke-Controllerの導入とデバイスの準備をしたら、まず動作の確認を行いましょう。
これらのプログラムが使用できてから他のプログラムの導入をしてください。

1.プログラムファイルのダウンロード

以下の「check.zip」をダウンロードし、右クリックから全てを展開します。
 

2.ファイルを以下の場所に配置します

2-1.Pythonファイルの移動

「check_1_MashA.py」「check_2_IMG.py」の2種類のファイルを Poke-Controller-Modified > SerialController > Commands > PythonCommands > ImageProcessingOnly 内に移動させます。
 

2-2.画像認識用のテンプレートの移動

「box_TeraMark.png」を
Poke-Controller-Modified > SerialController > Template 内に移動させます。
 

3.プログラムを再読み込みする

3-1.Poke-Controllerを再起動します

3-2.Reloadを押してプログラムを再読み込みをします

 

4.動作確認

4-1.チェック用の画面に移動

下記の画面で動作の確認をしていきます。
 

4-2.シリアル通信の確認

「Check_1_A連打」を選び、「Start」を押します。
1秒毎にAボタンが連打されます。
これで、Poke-Controller経由でSwitchを操作することが確認できます。
終了後、「Stop」を押すとプログラムが終了します。
 

4-3.画像認識の確認

「Check_2_画像認識」を選び、「Start」を押します。
 
下記のテラスタルマークが一致してる場合は、
「画像が一致しました」のコメントが返ってきます。
 
 
ZNCCは画像の一致率になり、今回は99%ほどの一致率でした。
 
 
以上で確認は終了です。